こんにちは、神谷です。

 私の知らない間に、「サバ」たダイエットで注目されていました。

 『はなまるマーケット』「コレ知ってQ」”旬のサバを食べて痩せる!”という特集を見て、そうだったのかぁ・・・という感じです。

サバに含まれているEPAはダイエットにもいい

サバ

 もともと青魚に含まれているEPAは健康に良いことは知られています。

 EPAには

■ 動脈硬化の原因となる血液中の脂質、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を低下する。
■ 血液中のHDL(善玉)コレステロールを増加する。

 などの働きがあることが知られています。

 ここで、サバに含まれるEPAがダイエットにも効果的だということを知りました。

痩せるホルモンGLP-1

016404

 GLP-1というホルモンがあって、このホルモンは、小腸下部から分泌されるホルモンです。

 GLP-1には3つの作用があって

■ 胃への作用  ⇒胃に働きかけて胃からの食べ物の排出時間を遅くする。それによって血糖値が上がるのを抑える。
■ すい臓への作用  ⇒インスリンの効きが良くなる。
■ 脳への作用  ⇒食欲中枢に働いて食欲を抑制する作用がある。

 GLP-1の分泌がいい人は太りにくいということが分かっています。

 そして、EPAがこのGLP-1というホルモンを活性化するのにとても有効だとのことです。

 実際、サバをよく食べる土地の人たちの血中のGLP-1の濃度は高いそうです。

 EPAがGLP-1の活性を促すのはほぼ間違いなく、痩せる効果はかなり期待できるようです。

 そして、食べ方ですが、

 「生食」

がいいそうです。

 しかし、サバの生食はけっこう難しい、ということで次は

「しめサバ」

 そして、サバ缶も新鮮なうちに缶詰めにするのでEPAの摂取はかなり期待できるようです。

 サバ缶を使う時には、

■ サバ缶の汁ごと使う
■ 食物繊維と一緒に摂る

 食物繊維も、GLP-1を活性化するのに役立つそうです。

 サバ缶ってそんなに高くありませんよね。

 それに缶詰を使えば、いろんな料理に使えると思います。

 サバ缶を使って美味しい料理を作って、きれいにダイエット!!

 いい感じですね。

 サバのダイエット関連本も出ていますので、ご参考に。

 美味しいサバ缶はこちら